大原 悟務

担当科目 商業学、商品学、現代ビジネス

研究テーマ:ユーザーが商品づくりに参画する意義

 私が研究において関心を寄せているのは「ユーザーイノベーション」や「イノベーションの民主化」と呼ばれる現象です。ユーザーがより積極的に技術や商品の開発に参画することを指します。ユーザーが実質的に独力で商品化を果たすこともあります。また、企業と連携して知恵を出し合い、商品化にこぎつけることもあります。どちらにおいても、従来の商品よりも革新性や収益性に優れたものが生まれています。
しかし、ユーザーが関わることによって、費用がかさんだり、特定の人にしか適さないものができあがったりと、マイナス効果が生じることも心配されます。私は、ユーザーがイノベーションに参画することが難しいと思われる医療分野に注目しています。この分野のユーザーイノベーションの例をもとに、ユーザー参画のプラスとマイナスの面を探ろうとしています。
次に教育に関する興味について少しお話します。私は「商品学」という科目を担当しています。商品の価値やその移り変わりをどうやって受講者に伝えたらよいのかと日々頭を悩ませています。何かヒントがありそうと注目しているのが、博物館と図鑑です。博物館も図鑑も多くは商品やイノベーション以外のことを対象にしています。しかし、対象物の特徴や分類を分かりやすく伝える点で大学の授業や商品価値の考察に活かせるのではと考えています。