辻村 元男

担当科目 基本統計学、オペレーションズ・リサーチ、数量分析の基礎

研究テーマ:ファイナンス理論に基づく戦略的な意思決定

複雑化した現代社会においては、将来の見通しはますます不確かとなっています。我々はその中で様々な意思決定に迫られています。例えば、企業価値を高めるための企業経営の意思決定を考えると、1)既存事業を拡張すべきか、縮小あるいは撤退すべきか、2)新規事業に参入すべきか、2a)それは自社でゼロから始めるべきか、2b)他社を買収し一気にその事業でのプレゼンスを高めるか、などがあります。これらの意思決定においては、ビジネス環境の不確かさに起因するリスクを計量化し、いかに対応するかが問われています。このような背景の下、金融市場で金融資産の価格評価などを分析する理論を用いてリスクを計量化し、企業経営に関わる意思決定について研究活動を行っています。