父母会会長ごあいさつ

'20年5月28日 更新
ようこそ、父母会へ!
                                                              商学部父母会会長
                                                                 吉田 鉄志

新緑の匂い立つ、好季節を迎えました。
 新入生の御父母の皆様、ご入学おめでとうございます。
在校生の御父母の皆様におかれましても、平素よりの商学部父母会へのご理解ご協力賜りますこと、誠にありがとうございます。
本年度会長の吉田です。一年間どうそ宜しくお願い申し上げます。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で卒業式や入学式が無くなったことは、本当に残念でした。
世界ではグローバリゼーションが萎縮して、一部ではアジア系の人々への理不尽な人種差別にまで発展し、本学でも海外留学先から入学を一方的にお断りされるという悲劇まで起こりました。
国内では 「#コロハラ」が検索回数1位となり、大小様々なイベントは 中止、企業のテレワークや、子供達の自宅待機と、世の中が一足飛びに超パーソナルな時代になりました。
今迄の常識や価値観では想像もつかない事が突然起こるのが現代です。  

 そんな中、子供達は人生の重大な選択を、これから沢山していかなければなりません。
この事について、「お金は出すけど口は出さない」これがベストなのはわかっています。
しかしながら、見て見ぬ振りをし、声を聞きたい気持ちを抑えていても、子供を心配するのがやっぱり親御心かもしれません。
 子供達はネット情報の洪水の中で、何がファクトかどんどん分かり辛くなっています。
しかし私達父母には社会での実経験と知恵があります。子供達がアドバイスを求めてきたとき に、父母間のネットワーク情報には、私も何度も助けられました。父母会活動から生まれた幾つものSNSで、「卒業式はどうなるの?」「レンタルした袴どうなる?」「留学どうする?」「就活どうしてる?」「インターンシップは実施される?」「アルバイトどうなった?」「ちゃんと自炊してるのかな?」沢山の心配事がそこで共有されていました。

 父母会が企画運営する、一日大学では親自身の勉強にもなる実際の大学での体験授業もありますし、父母も参加できる就職セミナーでは現役人事部担当者から、採用のポイントも親子で学べます。
各支部では体験学習やイベント、ハイキング等、自由参加ではありますが会員間の交流も温めています。
先般も、他学部父母会の企画で、卒業10年目の本学OBでNHKの若手新進ディレクターとしてご活躍されている方が、講師として学生時代に何に迷い、何が大切だったかを、現役学生に熱く伝える講演があり、 私も感銘を受けました。

 商学部父母会もいよいよ今年50周年を迎えます。
子供達の為になる記念事業や、父母にとっても楽しく役に立つ行事も計画予定ですので、どうぞご期待ください。
子供達は、「自由」と「良心」に立つ人間を育てる。そんな建学の志のもと、素晴らしい環境で最高の教授陣に導かれ育っていきます。
私達父母もあとワンマイル、子供達の心の伴走者としてそっと見守る。そんな思いで、皆様と共に父母会活動を楽しくご一緒できたら幸いです。

                        
ようこそ、父母会へ!
                                                              商学部父母会会長
                                                                 吉田 鉄志

新緑の匂い立つ、好季節を迎えました。
 新入生の御父母の皆様、ご入学おめでとうございます。
在校生の御父母の皆様におかれましても、平素よりの商学部父母会へのご理解ご協力賜りますこと、誠にありがとうございます。
本年度会長の吉田です。一年間どうそ宜しくお願い申し上げます。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で卒業式や入学式が無くなったことは、本当に残念でした。
世界ではグローバリゼーションが萎縮して、一部ではアジア系の人々への理不尽な人種差別にまで発展し、本学でも海外留学先から入学を一方的にお断りされるという悲劇まで起こりました。
国内では 「#コロハラ」が検索回数1位となり、大小様々なイベントは 中止、企業のテレワークや、子供達の自宅待機と、世の中が一足飛びに超パーソナルな時代になりました。
今迄の常識や価値観では想像もつかない事が突然起こるのが現代です。  

 そんな中、子供達は人生の重大な選択を、これから沢山していかなければなりません。
この事について、「お金は出すけど口は出さない」これがベストなのはわかっています。
しかしながら、見て見ぬ振りをし、声を聞きたい気持ちを抑えていても、子供を心配するのがやっぱり親御心かもしれません。
 子供達はネット情報の洪水の中で、何がファクトかどんどん分かり辛くなっています。
しかし私達父母には社会での実経験と知恵があります。子供達がアドバイスを求めてきたとき に、父母間のネットワーク情報には、私も何度も助けられました。父母会活動から生まれた幾つものSNSで、「卒業式はどうなるの?」「レンタルした袴どうなる?」「留学どうする?」「就活どうしてる?」「インターンシップは実施される?」「アルバイトどうなった?」「ちゃんと自炊してるのかな?」沢山の心配事がそこで共有されていました。

 父母会が企画運営する、一日大学では親自身の勉強にもなる実際の大学での体験授業もありますし、父母も参加できる就職セミナーでは現役人事部担当者から、採用のポイントも親子で学べます。
各支部では体験学習やイベント、ハイキング等、自由参加ではありますが会員間の交流も温めています。
先般も、他学部父母会の企画で、卒業10年目の本学OBでNHKの若手新進ディレクターとしてご活躍されている方が、講師として学生時代に何に迷い、何が大切だったかを、現役学生に熱く伝える講演があり、 私も感銘を受けました。

 商学部父母会もいよいよ今年50周年を迎えます。
子供達の為になる記念事業や、父母にとっても楽しく役に立つ行事も計画予定ですので、どうぞご期待ください。
子供達は、「自由」と「良心」に立つ人間を育てる。そんな建学の志のもと、素晴らしい環境で最高の教授陣に導かれ育っていきます。
私達父母もあとワンマイル、子供達の心の伴走者としてそっと見守る。そんな思いで、皆様と共に父母会活動を楽しくご一緒できたら幸いです。