商学研究科とは

 商学研究科には、博士課程の前期課程と後期課程とが設置されています。商業、金融、流通、貿易、経営、
会計、経済の各分野において最先端の研究をおこなっている教授の指導の下で、個々の大学院生が自ら選ん
だテーマについて勉学に励んでおり、後期課程大学院生においては、その成果が年2回発行されている『商学
論集』に掲載されています。
 商学研究科は、商学部教員はもとより、全国の多数の大学に優秀な教員を多数送り込んでいる私学でも屈
指の研究科です。また最近では大学院在籍中に博士号(課程博士)を授与することにも積極的に取り組んで
おり、今後も優秀な研究者を輩出していくことが期待されています。また、情報化、国際化社会を迎えて、
社会が広く高度な専門的知識をもつ人材を要求している現状に応えて、公認会計士、税理士、投資マネージ
ャー、企業経営者、流通専門家、国際業務担当専門職等を育成することを目指しています。
 こうした研究職と高度専門職を目指す学生が互いに刺激し合い、向上できるよう、多くの科目を配置し、
修士論文もしくは課題型修士論文の選択など、進路の希望にも弾力的に対応しています。
 商学研究科では、専任の教授陣に加えて、各界で活躍している多くの著名な実業家に日本経済や諸企業が
直面している課題を提示していただき、理論と実務の融合を図ろうとしています。本研究科は、研究職を志
向する人材を養成するとともに、高度な専門的知識を必要とする職業人を育成し、両者が相互に刺激を与え
つつ向上心を持って高度な研究をすすめることができます。

関連情報