こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 学部在学生
  3.  > 留学制度
  4.  > 商学部 グローバル化への取組み

商学部 グローバル化への取組み

グローバルに活躍するビジネスパーソンを目指すために

特にビジネスの世界においては、日本企業が日本以外の国で製品を作ったり、製品を他の国で販売したりすることが普通になってきています。たとえ日本で就職したとしても、日本だけでなく、海外とも積極的にかかわって仕事をしていくことが増えています。つまり、これからビジネスの舞台で活躍するたには、国内だけではなく、海外でも能力を十分発揮できることがとても重要になってきます。
商学部では、グローバルに活躍できる人材を育成するために
  • TOEIC/TOEFL-iBT:730点/79点を取得する学生の増加
  • 短期を含む留学を体験する学生の増加
を目指すプログラムを新たに設置しました。

商学部だからこそできるグローバル化への具体策

商学部のグローバル科目および資格試験講座

5類実践科目 海外ビジネスⅠ・Ⅱ 留学型
この授業では、グローバルマインドを持つきっかけとして、1週間程度、実際に海外へ行き、現地での文化や日本企業の海外における企業活動に触れる短期集中プログラムです。講義は国際ビジネスに関する事前・事後学習と現地視察で構成されます。
* 2016年度 現地視察先:ロサンゼルス

10類外国語科目 実践英語A・B・C (2012年度生以前 9類外国語科目)国内型
商学部では各種英語検定試験および資格の受験を奨励しています。申請の条件となるガイダンスの受講後、以下の点数に到達もしくは合格すると単位が申請できます。
実践英語A(2単位) TOEIC 600点以上、TOEFL-iBT 63点以上(2012年度生以前は61点)、IELTS 5.5以上
実践英語B(2単位) TOEIC 730点以上、TOEFL-iBT 79点以上、IELTS 6.0以上、英検準1級、国連英検A級
実践英語C(2単位) TOEIC 800点以上、TOEFL-iBT 90点以上、IELTS 6.5以上、英検1級、国連英検特A級

5類実践科目 Business Presentations in English (2012年度生以前 4類実践 科目)国内型
パワーポイントなどを用いて英語で商学に関するプレゼンテーションを行うことを目標とする講義です。またプレゼンテーションを行う基礎力をつけるために、TOEIC730点相当のレベルへ到達することも目標にします。日本人講師(TOEIC基礎力養成)と外国人講師(プレゼンテーション指導)がセットで担当します。

正規科目以外のプログラムとして

商学部資格試験講座 TOEICテスト対策講座国内型
本講座はTOEICに関するノウハウを持つ講師が初歩からTOEIC600点以上をとるポイントを教える講座です。また外国人講師のクラスではただ単にTOEICのリスニング対策だけでなく、英語を話す機会もあります。さぁ、みんなでTOEIC600点以上を目指そう!!

さらに詳しい情報については

商学部が進めるグローバル化に対応した科目や留学制度については「同志社大学商学部留学ガイド」に詳しく掲載しています。商学部・商学研究科事務室でも配付しています。

同志社大学 商学部 留学ガイド
商学部留学ガイド2015表紙
.