こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 高森 桃太郎

高森 桃太郎

担当科目 アカデミック・リテラシーⅠ、ビジネス・トピックス

研究テーマ:日本企業の英語社内公用語化に関する研究

企業がビジネスを進める上においてコミュニケーションは不可欠です。その際に主な道具として用いられるのは言語ですが、中でも共通語としての英語は特に重要であると考えられています。私の関心は、まさにこのビジネスと英語の関係にあります。
ビジネスが国境を越える時、やりとりの多くは英語で行われます。また日本において英語能力を入社や昇進の条件とする会社も増えています。このようなビジネスと英語の強い結びつきを印象づける出来事が2010年に起こりました。ファーストリテイリングと楽天というわが国を代表する企業が英語を社内公用語にすると発表したのです。この件はメディアでも報じられ、国内で議論を巻き起こしました。このように企業が社内公用語を選択する際、どのような基準で、どのような判断を行うのが経営の上で良いといえるのかというのが、現在私が取り組んでいるテーマです。
上に挙げた2社の動きへの反応には、「日本に本社があり、従業員の多くが日本人である企業がなぜ英語を中心的な言語にするのか」という疑問や批判の声もありました。確かにこれは不思議に思えるかもしれません。しかし、企業はそれぞれ事情(置かれている状況や成長の方向性など)を抱えており、必要に応じた判断を下します。そのため、この現象を単に「日本の企業なのに」という見方だけで捉えることはできないのです。
私はこの問題を経営の視点、ビジネスパーソンの視点、そしてビジネスにおける英語のあり方の視点から複眼的に研究しています。

.