こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 清水 玄彦

清水 玄彦

担当科目 基本統計学

研究テーマ:ベイズ統計学の理論と応用

ベイズ統計分析の理論と応用とについて研究しています。これまで、統計データの多くは正規分布にしたがうことを前提とした分析がなされてきましたが、たとえば金融時系列データで散見されるように正規分布以外の確率分布を用いた分析が適当である場合が少なくありません。ベイズ統計学では、このような分析に対して柔軟に対応可能であり、今後も個々のモデルに適した確率分布を用いた分析手法を開発したいと考えています。
この他に関心があるのは、欧米と日本におけるベイズ統計学の受容の変遷の違いです。欧米、とりわけアメリカでは有用性の観点から、ベイズ統計学は様々な分野で活用されています。一方で日本では、一部の分野を除いてベイズ統計学がなかなか普及してきませんでしたが、この15年ほどで急速に広まっています。確率を主観的に扱うことに対する批判がいまだに存在すると言われていますが、そのことがベイズ統計学の普及にいかなる影響を及ぼしたかについても、科学方法論の観点から検討したいと考えています。
.