こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 研究科在学生
  3.  > 後期課程の履修
  4.  > 後期課程の履修について

後期課程の履修について

標準修業年限

標準修業年限は3年。

在学年限

6年をこえて在学することはできない。

修了要件

博士学位を取得するためには、次の要件を満たさなければならない。
 (1)大学院博士課程に5年(博士課程(前期課程)または修士課程を修了した学生は、当該課程の2年の在学期間を含む)以上在学すること。
 (2)所定の単位数を修得すること。2016年度以降生は、授業科目を16単位以上履修すること(詳細は27頁参照)。
 (3)必要な研究指導を受けたうえで、学位論文を提出すること。
 (4)学位論文を中心とし、これに関連ある分野について行われる試験に合格すること。
 (5)課程修了のために必要な外国語によく通じていること。

博士学位論文は在学中に提出することとする。提出に際しては指導教授の指示に従うこと。なお、課程修了の認定は、研究科長会において行い、学位は学位授与式の日付で授与される。

学位

商学研究科博士課程(後期課程)を修了した者には「博士(商学)(同志社大学)」の学位が授与される。

外国の大学院への留学

大学院学則第20条の2(在学中、研究科委員会が本人の教育上有益と認め、学長が承認した場合に限り、本学の認定する外国の大学の大学院に留学することができる。ただし、本学に1年以上在学した者)によって、在学留学することができる。
.