こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 関 智宏

関 智宏

担当科目 現代企業論、中小企業論

研究テーマ:魅力ある日本の中小企業の発展

 日本における中小企業は、日本の全企業数のなかで99.7%を占めています。この比率は、戦後からほとんど変わっていません。雇用についても、従業員数のおおよそ60~70%が中小企業に従事しています。これらのように、日本の中小企業は、日本の経済社会にとって重要な存在であると認識されています。これは全世界での共通認識でもあります。
 しかしながらその認識はあるものの、残念ながら、中小企業の実態については国民に十分に理解されているとは言えません。一般的には、中小企業の事業内容はおろか、企業名すら認識されていないことがあります。さらなる問題は、中小企業は、大企業と比べて「悪い」と思われていることです。私は、中小企業という言葉によって引き起こされる、規模が小さいことによる不利性を強調する一面的理解は正しくないと考えています。中小企業のなかには、間違いなく、魅力的で、かつ発展を実現している(あるいは発展可能性のある)企業が存在しています。問題は、その事実を国民が知らないということにあります。
 私は、そのような魅力ある、発展している(あるいはその可能性のある)中小企業をできる限り多く発掘し、社会に発信していくということを研究の柱としています。このような研究活動によって、中小企業の本来的な経済社会における存在価値が明らかになるとともに、国民に正しい価値認識を創造することができると確信しています。
 中小企業といってもその範囲は広いわけですが、そのなかでも私は製造業、とくに産業集積地域における機械金属業種を対象とし、おもにサプライヤー・システム下におけるものづくり中小企業を研究対象としています。さらに最近では、ASEANにて事業展開している(しようとしている)ものづくり中小企業を対象に、前向きに取組む経営者の皆様と直接的に密に関わりながら研究を深めています。日—ASEANの連携の深化とそれによる中小企業の発展に貢献する研究を今後も続けていきたいと考えています。
.