こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 稲見 亨

稲見 亨

担当科目 財務会計論、比較会計制度論、財務諸表論、国際会計論、Business English、商学

研究テーマ:会計基準の国際的統合に関する研究

簿記・会計には長い歴史と伝統があります。とくに複式簿記の確立は,いまから五百年以上も前,北イタリア商人の実務慣行にまでさかのぼることができます。その後,世界各国に広がり,近代的な簿記・会計の知識が欧米から日本に移入されたのは明治の頃です。
このように,会計には世界各国で用いられているスタンダード(標準)としての側面があります。ただしその共通性の一方で,各国で独自の文化が形成されているように,会計のルールには,各国特有の経済・社会的背景に根ざした異質性が備わっています。その異質性を強調すれば,世界には大きく分けて,イギリス・アメリカを中心とする「英米モデル」と,ドイツ・フランスに代表される「大陸ヨーロッパモデル」という,会計の2大潮流が存在するといわれています。
会計情報の発信源である企業の活動に加えて,情報の受信者である利害関係者層(株主・投資家等)もまた国際化しています。そのような中で,世界各国で異なる会計ルールの存在は,会計関係者間のコミュニケーションの阻害要因となります。そこで求められるのが“世界各国共通の会計ルール(国際標準)”の確立です。つまり,各国で異なる会計情報を標準化できるよう,国際ルールを策定しようというもので,こうした試みが国際会計分野の最大のテーマといえます。その場合に現在,我が国も含めて世界で注目されているのがIFRS(国際財務報告基準)です。私は現在, 欧州連合(EU), とくにドイツ連邦共和国におけるIFRS対応について研究を進めているところです。
.