こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 森田 雅憲

森田 雅憲

担当科目 経済学、マクロ経済学、経済変動論

研究テーマ:経済活動と制度に関する研究

私たちは、変えることのできない過去と不確実な将来の狭間で、他者と協同したり交渉したりあるいは対立したりしながら生きています。その中で、個人や組織や社会を維持・再生産していくために、意識的・無意識的を問わず、行為の仕方・振る舞い方について、さまざまなノウハウを私たちの社会は蓄積してきました。「制度」とはそのようなノウハウを総称したものです。普通は、制度といえば明文化された法律や就業規則のようなものを思い浮かべがちですが、私が研究対象としている制度は、それらに加えて、明文化されないものや意識さえされていないものまで含んでいます。私がもっとも関心を寄せているのは、言語や貨幣あるいは所有権といった人間社会をその根底において支えているものです。こうした意味での制度が私たちの行為を如何に規定し、逆に私たちの行為が如何にその制度を維持・再生産しているか、という問題を追究しています。
こうした問題を研究するようになったのは、経済学の方法論的基礎となっている全知全能の「合理的経済人」という仮構に経済学を学び始めたころから一貫して疑問を持っているからです。個人は社会を構成する諸制度の中で人間として育成される以上、制度の産物たらざるを得ないにもかかわらず、標準的な経済学は、ひとえに効用の最大化という視点からすべてを説明しようとします。こうした経済学の根本的な欠陥を鋭く見抜いた一人が、フリードリヒ・A・ハイエクでした。私は、ハイエクの切り開いた地平に学ぶことで、私たちが置かれている市場経済の本質に迫って行こうと考えています。

.