こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 藤原 秀夫

藤原 秀夫

担当科目 証券論、貨幣論、金融政策論、外国書講読(英)

研究テーマ:金融仲介と信用創造および貨幣創造のマクロ理論

 専門は,金融論,証券論,国際金融論です。上記の研究テーマは、2010年以降、精力的に取り組んでいるテーマです。金融論のメインの研究テーマですが、それだけでなく、金融危機などの今日的問題を解明するための基礎的な理論を提供するテーマです。この中心的なテーマ以外も幅広く研究を進めています。では、何を具体的に研究しているのかですが,いろいろなことを同時進行的に研究していますので,一口には言えないのです。そこで,学生諸君とどういうことを勉強してきたかということを若干紹介しますので,そこから推測してください。つまり,多少は私の研究テーマを反映しております。
 2015年度は、「地方経済の再生と地方銀行のビジネスモデル」「働き方の改革 金融産業のケース」「東アジアと日本の経済的相互依存の深化 AIIB(アジアインフラ投資銀行)との関連で」などを研究テーマとして選択し、研究を進めました。2016年度は、「地方創生と学研都市」「BOPビジネス」「出版業界の現状とビジネスモデル」をテーマとして設定し、合宿で研究報告会を実施しました。いずれも、近年、注目されているテーマばかりだと思います。
 今後は、上記の研究テーマをもっとグローバルな視点で展開し、世界的な規模で発生する金融危機の分析とその克服のための金融政策、金融アーキテクチャーの構築、第4次産業革命の下での金融ビジネス、の問題などを取り上げていきたいと考えています。そして、とりわけ、その中での日本経済の構造改革による再生と世界経済における役割の問題を取り上げていきたいと考えています。

.