こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 研究科在学生
  3.  > TA・SA・RAについて

TA・SA・RAについて

TA(ティーチング・アシスタント)について

商学部では学部生、大学院前期課程学生の教育効果を高めるために、科目担当者の補助を業務に従事する大学院生を募集している。この業務に従事する者を総称してティーチング・アシスタント(TA)といい、前期課程の学生をTA(M)、後期課程の学生をTA(D)と呼んでいる。

TAの業務内容(下記の学部・大学院前期課程教育の補助業務)

  1. 演習、実習、調査等の授業の教育補助
  2. 学部学生・大学院前期課程学生に対する学習上の指導および相談
  3. その他、教育上必要と認める教育補助業務
    担当者により異なるが、例えば、授業の出欠調査、講義資料収集・作成および配布、答案・レポート整理、学生の質問への対応、機械的採点補助等も含まれる。勤務地は授業実施校地により今出川校地と京田辺校地の場合がある。
    なお、大学院前期課程科目対象のTAは後期課程在籍者のみとする。

任用期間

  1. 春学期・秋学期連結科目:4月から翌年3月31日まで
  2. 春学期科目:4月1日から9月20日まで
  3. 秋学期科目:9月21日から翌年3月31日まで

報酬

  1. 報酬は1コマ(90分)あたり、TA(M)は2,500円/TA(D)は3,500円。
  2. 毎月22日に前月分を銀行振込で支給する。
    京田辺・今出川2校地間の移動による交通費は別途申請により支給する。

TA勤務表の記入について

報酬は「TA勤務管理表」に基づき、実労働時間に対して支払われる。
TAとして勤務した場合、必ずその都度商学部・商学研究科事務室に備え付けの 「TA勤務管理表」に業務日付、担当科目名、業務内容、業務開始時刻・終了時刻・休憩時間を記入し、捺印(出勤印)すること。
なお、勤務時間は24時間方式で毎月月末までに必ず記入し、指導教授の印をもらった上で翌月2日までに商学部・商学研究科事務室まで提出すること。記入漏れの申請については報酬の支払いができない場合がある。

TA選考について(募集等の詳細については後日、事務室より連絡する)

〜4月上旬候補者募集:事務室にて募集用紙を配布
4月中旬候補者選考:申込書等による
4月下旬候補者決定

SA(スチューデント・アシスタント)について

商学部では学部生、大学院前期課程学生の教育効果を高めるために、科目担当者の補助業務に従事する大学院生を募集している。この業務に従事する者を総称してスチューデント・アシスタント(SA)と呼んでいる。

SAの業務内容(下記の学部・大学院前期課程教育の補助業務)

  1. 授業の教育補助
  2. 実験準備作業補助
  3. その他、教育上必要と認める教育補助業務
    担当者により異なりますが、例えば、授業の出欠調査、講義資料収集・作成および 配布、答案・レポート整理も含まれる。勤務地は授業実施校地により今出川校地と京田辺校地の場合がある。
    なお、大学院前期課程科目対象のSAは後期課程在籍者のみとする。

任用期間

  1. 春学期・秋学期連結科目:4月1日から翌年3月31日まで
  2. 春学期科目:4月1日から9月20日まで
  3. 秋学期科目:9月21日から翌年3月31日まで

報酬

  1. 報酬は1コマ(90分)あたり、SAは1,000円。
  2. 毎月22日に前月分を銀行振込で支給する。
    京田辺・今出川2校地間の移動による交通費は別途申請により支給する。

SA勤務表の記入について

報酬は「SA勤務管理表」に基づき、実労働時間に対して支払われる。
SAとして勤務した場合、必ずその都度商学部・商学研究科事務室に備え付けの 「SA勤務管理表」に業務日付、担当科目名、業務内容、業務開始時刻・終了時刻・休憩時間を記入し、捺印(出勤印)すること。
なお、勤務時間は24時間方式で毎月月末までに必ず記入し、指導教授の印をもらった上で翌月2日までに商学部・商学研究科事務室まで提出すること。記入漏れの申請については報酬の支払いができない場合がある。

SA選考について(募集等の詳細については後日、事務室より連絡する)

〜4月上旬候補者募集:事務室にて募集用紙を配布
4月中旬候補者選考:申込書等による
4月下旬候補者決定

RA(リサーチ・アシスタント)について

商学研究科では、後期課程在籍者に幅広い知識・経験を修得いただくために専任教員が行う共同研究の補助業務にリサーチ・アシスタント(RA)として従事していただくことがある。

RAの業務内容(次の補助業務に従事していただきます)

  1. 文部科学省、日本学術振興会、日本私立学校振興・共済事業団で採択された共同研究
  2. 前述以外の学外資金による共同研究
  3. 1・2項以外の研究指導上有益と認められる共同研究

任用について

本学大学院 博士課程(後期課程)に在学している者の中から任用する。
任用期間は1年以内とします。ただし、通算3年を限度として任用することができる。
※RA任用者はTAを兼ねることはできない。

報酬

報酬は月額 40,000円 とする。
原則として勤務時間に拘わらず定額支給ですが、勤務表は必ずその都度、記入しなければならない。

RA勤務表の記入について

報酬は「RA勤務管理表」に基づき毎月22日に、銀行振込で支払われる。
RA勤務表は毎月月末までに記入すること。

RA選考について(募集等の詳細については後日、事務室より連絡する)

〜4月上旬候補者募集
4月中旬候補者選考
4月下旬候補者決定

※選考は研究科委員会にて行う。
.