こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 商学部/商学研究科ホーム
  2.  > 研究科在学生
  3.  > 前期課程の履修
  4.  > 学位論文審査基準(修士論文A・B、課題研究)

学位論文審査基準(修士論文A・B、課題研究)

博士課程(前期課程)学位論文審査基準(修士論文AおよびB)

  1. 問題点を的確に捉えた上で、結論に至る過程が論理的であり、整合性があること。
  2. 論文の展開、結論を導き出す過程において、必要な文献を参照していること、また、それらの内容を十分に理解していること。
  3. 文献の引用等が適切に行われていること、また、図表・数式等が説明箇所にふさわしいものであること。
  4. 誤字、脱字等がないかなど、表記が適切に行われていること。
  5. 研究計画の立案及び遂行、研究資料の収集及び管理、研究成果の発表に関して、適切な倫理的配慮がなされていること。また、学内の倫理規程や研究テーマに関連する学会や団体の倫理基準等を遵守していること。
  6. 全体として修士論文の水準に達していること。

1~5の項目を考慮した上で、6の基準を満たしているかどうかについては、主査と副査2名による口頭試問を通じて判断する。

博士課程(前期課程)学位論文審査基準(課題研究)

  1. 明確な研究課題を設定した上で、結論に至る過程が論理的に展開されていること。
  2. 研究課題の設定および結論に至る過程において、必要な文献を参照していること、また、それらの内容を十分に理解していること。
  3. 文献の引用等が適切に行われていること、また、図表・数式等が説明箇所にふさわしいものであること。
  4. 誤字、脱字等がないかなど、表記が適切に行われていること。
  5. 研究計画の立案及び遂行、研究資料の収集及び管理、研究成果の発表に関して、適切な倫理的配慮がなされていること。また、学内の倫理規程や研究テーマに関連する学会や団体の倫理基準等を遵守していること。
  6. 全体として課題研究の水準に達していること。

1~5の項目を考慮した上で、6の基準を満たしているかどうかについては、主査と副査による査読を通じて判断する。

.